上海太瑶自動化科技有限公司

86-21-2230-5130

8:00~19:00 年中無休 ※年末年始を除く

最新信息

News

深センスタートアップ企業5社が当社日本本社に集結! チャイナテックと日本のものづくりの連携を図るビジネス交流会開催!

2019年6月30日

深セン市は、世界有数のハードウェア系スタートアップ企業を有している地域です。

日系大手企業が、深センのスタートアップ企業とのビジネス連携を模索しているだけでなく、深センのスタートアップ企業も積極的にグルーバル展開を図っています。そのような中、ジェトロ広州様主催のビジネス交流会において、深セン市のハイテクスタートアップ企業5社に、当社日本本社にご来訪頂きました。

 

日本本社―株式会社タイヨーアクリス

 

本交流会は、「イノベーション」をテーマに、深センのスタートアップ企業と日本企業のビジネス交流を促進し、将来的に協業や、対日投資にも繋げるべく企画され「ジェトロ広州」「深センスタートアップ企業5社」「当社が所属しているチーム京都会員企業」など様々な企業が一堂に会しました。

 

 

交流会のはじめに、タイヨーアクリス代表取締役社長 梶原誠一が挨拶。「当社の自動機は、日本・中国双方で、構想設計から組立調整、メンテナンスまで一貫して行えます。中国のハイテクスタートアップと協業して更に中国の自動化発展に協力したい」と語りました。

 

 

次に、当社上海現地法人 総経理 加藤康寛が、当社の事業内容について説明。「金型事業」「量産事業」「自動機事業」「IoT事業」など、ローテクからハイテクまで幅広い対応力について語りました。

 

 

当社日本本社営業部 東森信さんの案内により、当社日本本社のプレス工場、金型工場、自動機工場を見学していただきました。

 

工場見学の後、深センスタートアップ企業5社と、当社を含めたチーム京都5社でお互いの事業内容のプレゼンテーションを行い、交流を深めました。深センスタートアップ企業は、ロボット、IT、AIなど、最先端の技術を保有しており、今後我々日系企業との協業を要望されており、活発な意見交換が行われました。

 

 

名刺の交換

 

 

     チーム京都 田中会長 京都自動化連盟のご紹介

 

 

記念撮影

 

 

タイヨーアクリスでは、今後も日中間の企業交流を積極的に行い、中国の製造業の自動化に貢献してまいりたいと考えております。

 

 

信息一览

GO TOP