社章の解説
経営理念

企業は、社会がその存在を必要とする限りにおいて存在し、
その貢献度に応じて繁栄するものである。

私たち太瑶の全社員が心に抱く「夢」。それはお客様の思いを私たちの手で実現し、すべての方にご満足いただくこと。そして「果てしない技術革新へのチャレンジ」をサブスローガンに掲げ、新技術への挑戦を惜しまないこと。「太瑶の技術革新こそが世界であらゆる分野の顧客満足につながり、さらに堅実な環境への取り組みによって、より社会に貢献できる」揺ぎ無い経営理念と信念を軸に共存・共栄の中で太瑶は成長してゆきたいと思います。
総経理挨拶
私共の技術が、中国から世界中の『技術革新』に貢献します。

上海太瑶自动化科技有限公司
太瑶精密机械(浙江)有限公司
董事・総経理 加藤 康寛
上海太瑶と太瑶精密は、それぞれ2012年と2018年に、タイヨーアクリス株式会社の100%出資子会社として設立し、『自動機/ロボットシステム事業』・『金型製造/部品量産事業』・『IoTソリューション事業』を主軸とした事業活動を行ってまいりました。私共の、自動化・金型・IoTの技術は、自動車・電気電子部品やスマートデバイスなどの製品に活用されています。これらの製品は世界中で『技術革新』が行われ、日々、高機能・高精度なものが生み出されています。
私共の信念は、この世界中の『技術革新』に、中国から貢献する事です。
昨今、掲げられている『Industry4.0』『中国製造2025』からも読み取れるように、製造業は、更なる革新を求められています。
私共は、これからも日本と変わらぬ技術を『安心』『安全』『安定』したものづくりでお客様に提供出来るよう、社員一丸となって取り組んで参ります。
        2019年9月
太瑶のものづくり
中国において太瑶の技術・ノウハウをどう活かしていくのか、太瑶が誇るエンジニアがものづくりへの思いを紹介いたします。
『日本のものづくりの技術』を中国でも
工場長  奥乃  慎太郎

中国でお仕事されている皆様。弊社HPをご覧頂きありがとうございます。私は、「日本のものづくりの技術を中国でも」をモットーに、日々、様々な業種のお客様に商品・サービスをお届けしております。昨今、中国の技術は飛躍的に向上し日本の技術に追いつきつつあるのが現状です。しかしながら、私共太瑶の76年の蓄積された技術は、昨日今日で追い越せるものではありません。今後も『研究進取の精神』で更なる技術革新を行い、お客様により良い商品・サービスを提供出来るよう努力していく所存です。まだ弊社の技術に触れていないお客様は、ぜひ一度工場までお越しください。
『お客様の声』を形にする自動機開発
蘇州R&Dセンター 部長  槇坂  幸成

中国国内で自動機の開発を行っていると、次のようなお客様の声を耳にします。「ローカルの自動機メーカーで作ったものが動かない。修理できない」「ローカルメーカーの中国人エンジニアに装置の細かい仕様・意図が伝わらない」「何度か自動化を試みたが良い案ができなかった。実験装置だけを作り検討したい」等。
弊社では、このようなお客様の声を理解することから自動機開発を始めるように心がけています。一見、実現困難と思われる案件であっても、検討する前から“できない”という回答は致しません。「自動化を行いたいが、要求仕様の書き方が分からない」といったお客様にも誠意を持って対応致します。手書きのイラストからでも、お客様が何を要求しているのかを汲み取り、方案化を行っています。これが、日本人技術者を擁する弊社の強みであると考えております。共に開発することで共に成長できるパートナーとして弊社自動機開発を選択して頂けたら幸いです。
プレス技術と金型技術を追求し、
顧客満足度向上に努める
工場長補佐 兼 技術G グループリーダー  田邉  克

私がものづくりを行う上で常に考えているのは「プレス技術・金型技術を追求することで、お客様のものづくりに貢献する」という事に尽きます。近年、製造業では、小ロット生産が多く、「順送プレス加工」は不利な場合も多くあります。逆に言えば生産性が非常に高く、低コストの製品をお客様にご提供可能です。さらにプレス技術・金型技術を追求することで、高精度・高品質の製品を提供出来るだけでなく、より「バラツキ」の少ない製品を提供することで、お客様の組立ラインでの製品歩留りの向上や、製品品質の向上に繋げていけると確信しております。プレス技術と金型技術を追求することは、単純なことではございませんが、お客様に必要とされる限り日々精進し、貢献していきたいと考えています。
私共、Team AQRISは、プレス技術と金型技術を追求し顧客満足度向上に努めます!
これからのものづくりは、
自動化設備から始まる
自動機開発G グループリーダー  孙  金雷

今は、若者が工場の単純な反復作業を嫌い、工場で働く事を望まない傾向にあります。そのため多くの工場では、人材募集に悩まされています。そのため、私は「これからのものづくりは、自動化設備から始まる」と考えています。例えば、自動組立機は作業者に代わりに反復作業を行い、安定した精度の高い製品を多く製造することが出来ます。また自動検査機は、検査員による検査結果のバラツキ防止と共に、不良品の流出を未然に防ぎ、検査結果の自動記録も可能です。私はお客様のこれからのものづくりを、当社の自動化設備で支えていきたいと考えています。
『優れた技術』『匠の精神』
『気高い品格』が作り上げる信頼関係
製造G グループリーダー  陆 滨

私は、日本の京都本社から優れたプレス技術を受け継ぎ、中国にて絶えず前進してまいりました。私は、太瑶がここ中国で精密プレス加工の先駆者になれると確信しております。現在、自動車やスマートフォン等の電子デバイスに用いられるプレス部品の品質要求は年々高まっています。「如何にして、お客様のご要望にお答えするか?」それが私が心に掲げている命題であり、目指すものです。弊社は、精密な高速プレス機を保有しているだけではなく、自動化とIoTを駆使し高精度かつ高品質のプレス加工を目指します。『優れた技術』『匠の精神』『気高い品格』が、お客様との信頼関係に繋がると信じ、より良いサービスを中国から世界に提供できるよう邁進してまいります。
太瑶について
事業領域
会社概要